“CONCEAL”(“コンシール”)|YKKファスニングサポート

樹脂ファスナー

  • 印刷

“CONCEAL”(“コンシール”)

“CONCEAL”(“コンシール”)

“CONCEAL”(“コンシール”)は、エレメントや縫い目が表地に出ないファスナーです。スカート、ワンピースなどに多く使われます。また、ポケットや袖口につけると、デザインの邪魔をすることなく機能性を付加することができます。

NEW
新たに“コンシール”の開製品が誕生しました。ファスナーが表側に出ないため、デザイン性の高い衣料のフロント部に使用できます。

用途

婦人服
  • スカート
  • ワンピース
上衣のポケット、袖口
  • 用途
    用途

サイズ展開

  • 2CH
    2CH
  • 3CH
    3CH
  • 3CH開製品用
    3CH開製品用
  • 5CH
    5CH
  • ミシンガイド(金属製)
    ミシンガイド(金属製)
サイズ チェーンタイプ 区分 テープ
2 CH BP3
3 CH P
3 CH BP12
5 CH 止/開 PW16

ご注意

発注するとき
  • ファスナーは実際のあき寸法より2~3cmほど長めのものをご用命ください(開製品は除きます)。
縫製するとき
  • 長物の“コンシール”を使用して、遊環下止を止めた後に縫い残しのチェーン部を切り取る場合は、断ち端しの処理をお願いします。
  • 縫製の際にはYKK(株)製ミシンガイドのご使用をお勧めします(※1)。
  • エレメントの際を縫うと、開閉が重くなります。特に生地の切りかえし部等、生地厚の変わる部分ではパンクや故障の原因となることがあります。
  • モヘア等、毛足の長い素材や繊維組織の粗い素材では、生地の噛み込みや生地糸の引っ掛けを起こすことが考えられますので、縫い位置を少し離したり、生地を噛まないようにするなどの配慮が必要となります。
  • 遊環下止は、あき止まり表地部分のほつれを防止するためにつけています。縫製品あき止まり位置より5mmほど上に移動させて治具で止めることにより、スライダー開閉による糸切れを防止します(※2)。
  • 縫製方法についての詳細は「“コンシール”の上手な縫い方」をご覧ください。
※1:弊社“コンシール”ファスナー専用のミシンガイドは、金属製・プラスチック製がございます。
詳しくは弊社までお問い合わせください。
※2:遊環下止を加締める治具として、専用の“コンシール”プライヤーもご用意しています。
※3:No.3“コンシール”の開製品は、縫製しやすいように開具が可動式になっております。
洗濯・クリーニングをするとき
  • スカート、ワンピースなどは、スライダーを最上部まで上げ、ホックを掛けた状態で洗濯またはクリーニングをしてください。エレメントにかかる負担が減少し、ファスナーの故障を避けることができます。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

ファスナーの豆知識
ファスナーを扱う上でご注意いただきたいことなどの情報を掲載しています。
  • ファスナーの豆知識
ファスナーのよくあるご質問
ファスナーをご利用いただいているお客様からよくあるご質問と答えを掲載しています。
  • ファスナーのよくあるご質問
関連情報
ファスナーのよくあるご質問
樹脂ファスナーの豆知識

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。