ファスナーのしくみ|YKKファスニングサポート

商品の豆知識

  • 印刷

ファスナーのしくみ

ファスナーが噛み合う仕組みと構造についてご説明します。

エレメントのかみ合うしくみ

エレメントのかみ合うしくみ

スライダーによって湾曲させて歯車の原理でかみ合います(閉じます)。
スライダーを逆に引けばエレメントは離れます(開きます)。

ファスナーの構造

ファスナーは、テープ、エレメント(務歯)、スライダー(開閉部分)の3つの部分に大別できます。

ファスナーの構造

スライダーの構造
スライダーの構造
1. スライダー
ファスナーを開閉するときに、エレメントをかみ合わせたりする役目をします。用途に合わせていろいろなタイプがあります。
2.エレメント(務歯)
エレメントのかみ合う部分を務歯頭部といい、これがかみ合うとファスナーの働きをします。
3. テープ
ファスナー専用につくられたもので、ポリエステルテープが主体となっていますが、用途によって、合繊テープ、綿テープなどがあります。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

関連情報
商品カテゴリ一覧

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。