ファスナーの機能|YKKファスニングサポート

商品の豆知識

  • 印刷

ファスナーの機能

ファスナーにはその機能によってさまざまな種類があります。用途に応じたファスナーをお選びください。

  • 止製品(C)
    止製品(C)
  • 開製品(O)
    開製品(O)
止製品(C)
スライダーを下ろした際、下止によってスライダーが止まり、左右のテープ(チェーン)が離れないファスナー全般をさします。ズボン・スカートの前立、ポケット、鞄のほか、さまざまな用途に用いられます。
開製品(O)
スライダーを一番下まで下ろすことで、左右のテープ(チェーン)を離すことができます。
主にジャンパーなどの上着の前立に使用されます。
  • 逆開製品(M)
    逆開製品(M)
  • 頭合わせ(C)
    頭合わせ(C)
逆開製品(M)
スライダー2個付の開製品。下から開くことができ、ファッション性だけではなく機能性にも富んでいます。
頭合わせ(C)
スライダー2個付の止製品の一種。主に鞄に使用されます。2つのスライダーの頭と頭が向かい合うところから頭合わせと呼びます。
  • 尻合わせ(CX)
    尻合わせ(CX)
  • ループファスナー
    ループファスナー
尻合わせ(CX)
スライダー2個付の止製品の一種。つなぎに使用されます。
ループファスナー
片側のチェーンを折り返して閉じた一本のチェーンからなっています。フードのほか、寝袋などに使われます。エレメントの形状が上下対象である、“ビスロン”もしくは両面“エクセラ”のみ可能な仕様です。
  • トップオープンファスナー
    トップオープンファスナー
トップオープンファスナー
スライダーを上部に強く引き上げることによってスライダーがはずれ、簡単に分離できます。消防服やスポーツアパレルに使用されます。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

関連情報
商品カテゴリ一覧

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。