ファスナーの上手な縫い方|YKKファスニングサポート

商品の豆知識

  • 印刷

ファスナーの上手な縫い方

スライダーの通り易いように両側にスペースをとる

縫い付けの間隔
ファスナーを開閉するためには、スライダーの通る幅が必要です。
エレメントのすぐ脇を縫製すると、スライダーが布地をかんでしまいます。
スライダーがスムーズに通るよう両側にスペースを取ってください。また、裏地がある場合は布がファスナーにくい込みやすいため、エレメントから離して縫い、さらに両側をミシンや星止めで止めてください。
長いサイズのファスナー
着装状態での伸びなど、布とファスナーとの関係を仮縫いチェックしてから縫い付けてください。特にニットなどはチェックが必要です。
毛足の長い素材(毛皮、シャギー等)の場合
ファスナーを縫い付ける両サイドにレザーなどを使い、毛がくい込まないような配慮をしてください。

ズボン用ファスナーの縫い方

ズボン用ファスナーの縫い方
ファスナーの開閉のスムーズさを長持ちさせるため、補助かがりを付けて下止への負担を少なくしてください。短いファスナーや体にフィットするスタイルは、特に下止に負担がかかりますので補助かがりを付けるようご注意ください。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

関連情報
商品カテゴリ一覧

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。