“コンシール”の上手な縫い方|YKKファスニングサポート

商品の豆知識

  • 印刷

“コンシール”の上手な縫い方

止製品の縫い方

止製品の縫い方

ファスナーの長さは、実際のあき寸法より3cm程長めのものを使用してください。“コンシール”ファスナーの縫製には、専用のミシンガイドが必要です。

“コンシール”ファスナー用ミシンガイド

※遊環下止
遊環下止は、あき止まり表地部のほつれを防止するためにつけています。縫製品あき止まり位置より5mm程度上に移動させ、治具で止めることにより、スライダーの開閉による糸切れを防ぎます。

あき止まりが先に縫ってある方法
あき止まりが先に縫ってある方法
A.
  1. 身頃A、Bを合わせてあき止まり位置まで縫製。
  2. あき止まり位置では必ず返し縫いを行う。
  3. 身頃にあき止まり位置の目印をつける。
B.
ファスナーと身頃を合わせ、ファスナーにあき止まり位置にあった場所に目印をつける。
C.
  1. スライダーを下止まで下げ、身頃とファスナーの目印を合わせ、確認しながら片側より縫う。
  2. “コンシール”ファスナー用ミシンガイドを使用し、ファスナーエレメントをおこし、ガイドの溝にエレメントを挿入して縫う。

あき止まりが先に縫ってある方法

D.
  1. ファスナー付けをあき止まりまで縫う。
  2. ファスナー付けの両端を返し縫いする。
※あき止まりの縫い目とファスナー付けの縫い目とは交叉させず、スライダーの引手が通る隙間を確保すること。
E.
スライダーの引手を表に出し、ファスナーを閉じる。
F.
  1. あき止まりから5mm程上に遊環下止を移動させ、治具で取り付ける。
  2. 遊環下止であき止まりのほつれを防止する。
あき止まりをファスナー付け後に縫う方法

あき止まりをファスナー付け後に縫う方法

A.
身頃にあき止まりの位置の目印をつける。
B.
ファスナーと身頃を合わせ、ファスナーにあき止まり位置にあった場所に目印をつける。
C.
  1. スライダーを下止まで下げ、身頃とファスナーの目印を合わせ、確認しながら片側より縫う。
  2. “コンシール”ファスナー用ミシンガイドを使用し、ファスナーエレメントをおこし、ガイドの溝にエレメントを挿入して縫う。
  3. ファスナー付けの両端を返し縫いする。

あき止まりをファスナー付け後に縫う方法

D.
左右の身頃のファスナー付けが終了後、スライダーの引手が表に出るようにファスナーを閉じる。
E.
  1. あき止まりから下は、普通の片押えフットで左右の身頃を縫い合わせる。また、両端は返し縫いをする。
  2. ファスナー付けの縫い目とあき止まりから下の縫い目が一直線上になるように。
F.
  1. あき止まりから5mm程上に遊環下止を移動させ、治具で取り付ける。
  2. 遊環下止であき止まりのほつれを防止する。

開製品の縫い方

A.
ミシンガイドをセットします。
B.
  1. ファスナーを開き、左右に分離します。
  2. スライダーを滑らせて上止側より抜き取ります。

開製品の縫い方

C.箱側(ファスナー左側)の縫製
エレメントを押さえ金のガイド右側にセットし、上止側より箱部へ向かって箱部の先端から2cm手前付近まで縫製します。
D.箱部の縫製
  1. 細幅用の押さえ金(別途用意してください)で箱部を縫製します(※)。
  2. 製後、抜き出したスライダーを通してください。
※細幅用の押さえ金に変える際、ミシン糸を一度切る必要があります。
E.蝶棒側(ファスナー右側)の縫製
エレメントを押さえ金のガイド左側にセットし、箱部と同じ要領で縫製します。

ご注意

必ず赤枠の部分を縫製

  • テープをハサミ等でカットしないでください。テープがほつれる可能性があります。
  • 左右両側とも、必ず図の赤枠の部分を縫製してください。赤枠の部分より内側を縫製した場合、開具が破損する可能性があります。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

関連情報
商品カテゴリ一覧

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。