ファスナーのトラブル発生時|YKKファスニングサポート

商品の豆知識

  • 印刷

ファスナーのトラブル発生時

すべりが悪いとき

すべりが悪いとき

開閉がスムーズにできない場合、スライダーを無理に動かすと、エレメントのかみ合いに支障が生じることがあります。そんなときはパラフィン、または潤滑剤スプレー“ファスナーメイト”をエレメントの表と裏に塗ってから、スライダーを数回移動させてなじませるとすべりが軽くなります。

布などをかんだとき

布などをかんだとき

開閉時に、糸や布をかむとスライダーが動かなくなることがあります。このようなとき、無理にスライダーを動かすとくい込みがひどくなるばかりですから、くい込んだものを外しながら元に引き戻してください。完全にくい込んでしまった場合は、力まかせにスライダーを動かさず徐々に戻すようにしてください。なお、ファスナーを縫い付けるときにはトラブルの原因を作らないよう注意が必要です。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

関連情報
商品カテゴリ一覧

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。