銅合金ファスナーについて|YKKファスニングサポート

商品の豆知識

  • 印刷

銅合金ファスナーについて

最近、各分野で製品に使用する材料や仕上げ加工の方法が多様化してきています。ご使用いただく素材によりますが、銅合金ファスナー(丹銅、洋白)のエレメントやスライダーが変色したり、生地布への移染を起こすことがあります。

金属の変色

銅合金は一般に酸、アルカリ、酸化剤、還元剤、硫化物等の薬品に反応し、変色することが知られています。
ファスナーに関しても、生地等にそれらの成分が残留していると、金属製のエレメント、スライダー、上下止が変色する原因になります。


ウール製品での変色

漂白加工後の洗浄や中和が不十分であった場合、製品仕上り後にガス(塩素ガス・亜硫酸ガス等)が発生し、変色の原因となります。

対策
  • 生地布は十分に洗浄・乾燥したものをご使用ください。
  • プレス直後の袋詰めを避け、包装までの時間を十分に取ってください。
  • 製品保管の際は、高温・多湿な環境を避けてください。
  • "ビスロン"ファスナー(スライダー塗装仕上げ)への変更をお勧めいたします。

洗い・後染め加工での変色
硫化染料による変色は以前から指摘されていますが、反応性染料(綿製品)を使用した生地との接触も脱色、変色、移染の原因となります。
対策
  • 後染めや洗い加工を行う際には、ファスナーの変色、生地移染の事前テストを十分に行った上でご使用の判断をしてください。
  • 加工工程、仕上げ工程では湿潤状態による放置を避け、速やかに十分な乾燥を行ってください。

皮革製品での変色
皮革のなめし工程で使用されるなめし剤や酸類(硫酸、鉱酸やクロム化合物タンニン酸、アルデヒド化合物等)の残留、ファスナー取り付け時の接着剤等に含まれる加硫剤や添加剤の影響で変色が発生します。
対策
  • 皮革のなめし加工後の洗浄・中和を十分に行った材料をご使用ください。
  • 事前の評価テストを必ず行ってください。
  • 保管時には乾燥剤をご使用ください。

輪ゴムによる変色
輪ゴムに含まれる硫黄成分等の影響でエレメントの腐食、変色、テープの黄変等が発生します。"アクアガード"や"クイックロン"でも、黄変が発生します。
対策
  • 輪ゴムの使用はお止め頂き、紙紐・綿紐等をご使用ください。

エレメント部分の変色(高温・多湿72h)
  • テスト前
    テスト前
  • テスト後
    テスト後

金属ファスナーによる生地布への移染

生地残留薬品の影響による腐食生成物や金属ファスナーに塗布されているパラフィン(摺動潤滑剤)が生地に移行し、汚染の原因となります。
アルミや黒染(GK)ファスナーをご使用になる場合は性質特性による移染防止のため、淡色生地へのご使用は避けてください。
対策
  • アイロンプレス仕上げの際は布を挟んで行い、保管時にはファスナーとの接触部分に合紙をご使用ください。
エレメント部分の変色(高温・多湿72h)
  • テスト前
    テスト前
  • テスト後
    テスト後


※耐食性が懸念される特殊な場合には、“ビスロン”ファスナー、コイルファスナーのご使用をおすすめいたします。

※商品の色、サイズは写真と異なる場合がございます

関連情報
商品カテゴリ一覧

“ ” 内はYKK株式会社の出願・登録商標です。